カテゴリー
活動報告

空間に古木を取り入れるというサステイナビリティを考える

長野県に本社を持ち、古材を使った趣ある空間づくりを行う山翠舎さんの倉庫工場へ見学に行ってまいりました。

▲倉庫に保管されいてる建具。他にも蔵戸など、どこか懐かしさを感じる建具も多く保管されている

東京ではなかなか手に入らない古木。
山翠舎では地方に点在する古民家を、ただ壊して廃棄してしまうのではなく、新たな価値を与えて資源として活用することで、環境への負荷を低減する取り組みを行っています。

一本一本それぞれの形状が異なり、設計施工の場面においてなかなか取り扱いが難しい古木。
循環や再生をミッションとして掲げる私たちだからこそ、古木を取り入れそれを伝えるというサステイナビリティを実現したい。
ストーリーとノウハウの共有を通したパートナーの連携についても打ち合わせをしてきました。

アフターコロナの新たなオフィスの形として私たちが提案を行った東京・昭島市のミライエさんのオフィスリニューアルにおいて、山翠舎さんの古木を取り入れています。